07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

osotopon

Author:osotopon
東京都羽村市を拠点に活動している
自主保育型・森のようちえん「おそとぽん」です!

青空の下、みんなで子育てしませんか?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六ヶ所村ラプソディー上映会※託児あり

2013.06.03 09:49|未分類
おうめ環境フェスティバル!
天候にも恵まれ、大盛況のうちに無事終了いたしました。
おそとぽん&まるわテントに遊びに来てくれた沢山の方々、
どうもありがとうございました!!
詳しい報告は改めて、、、

次の日曜日に控えている、六ヶ所村ラプソディーの
上映会告知です!!!
是非こちらもよろしくお願いいたしします。

映画・六ヶ所村ラプソディーについての詳細はこちらを↓
http://rokkasho-rhapsody.jimdo.com/

*******

IMG_3117.jpg


6月9日(日)
まるわ主催(おそとぽん協賛)
「六ヶ所村ラプソディー」上映会 in郷の家

震災から2年。
原発事故の話を耳にすることも少なくなってきた中で、
自分たちだけで話し合っているのではなく、その想いを行動に移し、
まわりに気づいてほしい、放射能のこと、原発のこと、
真剣に考えている母達がいることを知ってほしい。
その一歩として映画の上映会を決めました。

そんな想いからうまれた今回の上映会は、来てくださったみなさんと
映画の感想や原発への想いなどを話し合い、
共有し、つながることを第一の目的としています。
上映会のあとにお茶と自然派のおかしを食べながら、
その想いを共有できたらと思っています。
ちいさな上映会ですがぜひこの時間をわたしたちと一緒に過ごしてみませんか?

●ストーリー
青森県六ヶ所村には原発で使った燃料からプルトニウムを取り出す
再処理工場があります。
推進も反対も核と共に生きることを余儀なくされている人々。
光と影。その両方をみて自分で考え選択する大切さを教えてくれます。

●”まるわ”とは
放射能によるこどもへの影響を心配し不安に思う
子育て世代の母親の集まり。
震災後、原発事故をきっかけに会を立ち上げ、集い、
想いを共有しています。

◎◎◎◎◎
六ヶ所村ラプソディー上映会

◎日時◎
6月9日(日)
13時から

◎場所◎
健幸工房シムラモデルハウス『郷の家』(さとのいえ)
・青梅市新町5-16-19
・青梅線小作駅徒歩20分
・駐車場あり

◎参加費◎
500円
お茶と自然派おかし付

◎定員◎
20名(予約制)
・テレビ上映のため人数が多い場合
画面が見えにくくなる場合がありますのでご了承下さい。

※託児有り
 要予約6/6(木)まで

◎申込み・問い合わせ◎
参加ご希望の方は、以下の事項をご記入の上、
6月7日(金)までにメールにてお申し込み下さい。

m-urizun●hotmail.co.jp(上田)
(●を@に変えて下さい)

①お名前
②連絡先
③駐車場利用の有無
④アレルギーの有無
⑤託児希望の有無
⑥※託児希望の場合のみ
 ・お子様のなまえ
 ・年齢、月齢
 ・性別
 ・アレルギーの有無、その他保育スタッフにお知らせしておきたいこと
⑦この上映会について知ったきっかけ

<当日のスケジュール>
12:30 開場
13:00 上映スタート
15:00 休憩
15:15 お茶会+おはなし会
     (映画の感想・想いをシェア)
16:00  終了
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。