09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

osotopon

Author:osotopon
東京都羽村市を拠点に活動している
自主保育型・森のようちえん「おそとぽん」です!

青空の下、みんなで子育てしませんか?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/3ぶつぶつこうかん会!そして、卒会。

2012.04.16 11:57|未分類
4/3(火)
この日は、おそとぽん・ぶつぶつこうかん会でした。

午後から超大型台風並みの嵐が来る!という予報のため、
最近雨天に利用しているスポーツセンターで集まることも考えましたが、
やっぱりお外でお店屋さんごっこしたいよねー!ということで、
ちょっとドキドキしながら、予定通りグリーントリムに集まりました。

これから嵐が来るなんて信じられないほどの晴天のもと、
みんなで荷物を広げます。わくわく♪

2008-0406 001

あまりにいい天気なので、思わず靴を脱いで裸足でペタペタお散歩。
大人が裸足でいるとこども達も気になるらしくよく話しかけられますが(笑)
気持ちいいですよ~!裸足!!

なんて、みんなでちょっとのんびりしていたら、
みるみる雲行きがあやしくなってきたので、あわてて開始~っ!!

こどもの衣類、大人の衣類、おしり拭き、母乳パッド、
化粧品、本、雑貨、離乳食用品、
こどもが摘んできたお花や木の実、
小学生のお兄ちゃんが牛乳瓶の蓋で作ったコマ、、、
育児中ならではのものから、おお!こんなものが!
という意外なものまで色々なものが並びました♪

実際に、物と物で交換するのはなかなか難しいので、
木の実や葉っぱなどをお金にしてのお買い物ごっこ形式にして、
こどもたちと一緒にお買い物。

自分のうちではもう使わなくなったものでも、人からみると
「えー!それ、いらないのー!!」という素敵なものがいっぱい。
それぞれいいものたくさんゲットできたようです^^

こども用品てあっという間に使えなくなっていくので、
捨てるには忍びないし、売るまでもないし、、、と眠っているものを、
こうして必要としている人に使ってもらえると、とても嬉しいです。
楽しかったので、またやりたいな!

お昼ごはんを食べている途中からポツリポツリと降り始めた雨ですが、
あわてて撤収準備をするとまた止んだりして・・・
なんとなーく、こども達が遊びになっとくする程度までは
天気ももってくれました。

***

慌しく帰ってしまったメンバーも多く、
ちょっと寂しくなってしまったのですが・・・
最後に、4月から入園するKちゃんとTちゃんの2人に、
みんなで手形を押して木の実を貼り付けて作ったプレートを贈りました。

手形は、先日の絵の具遊びの時にみんなでペタペタしたもの。
おそとぽんらしく木の実で飾ろう!ということで、
クリスマスリース作りなどでこれまで拾い集めたまま
眠っていた木の実たちの出番がやってきました。

南天、ヘクソカズラ、どんぐり、まつぼっくり、椿、杉、ヒノキ、、、
見る人が見れば、ただのゴミみたいな、小さな木の実たち。
でも、ひとつひとつプレートに貼り付けていくなか、
そのひとつひとつの木の実たちに宿った、
大切な大切な、たくさんの思い、思い出が、どんどん蘇ってきて、
胸がいっぱいになりました。


一昨日の11月にレクリエーション広場で開いた、
おそとぽんの第一歩ともいえる焚き火の会。
その焚き火会のチラシを児童館で見つけて、ふらっと遊び来てくれた、
Bちゃん&Tちゃん親子。

当時、まだTちゃんは2歳になったばかりであどけなくて、
少し大きな子達が走り回るのを見ながらじっと座り込んでいたところに
声をかけると、恥ずかしそうに手をつないでくれたこと。
今でもハッキリと思い出します。

PIC_1882.jpg


今ではすっかり逞しくなって、いつも元気いっぱいに
おひさまみたいな笑顔のTちゃん!!

こどもの成長って、ほんとにあっという間なんだなーと、
しみじみ思います。

お休みの日に遊びに来てくれていた小学生のお兄ちゃんA君も、
おそとぽんのこどもたちみんなの憧れ!
A君のおかげで、こども達の遊びもだいぶ広がりました。

お母さんのBちゃんも、いつもほんわか穏やかで、
いてくれると、いつでも、ほっと安心できました。
最初の第一歩から、ここまで、ありがとう。

PIC_1848.jpg


もう一組のFちゃん&Kちゃんも、
焚き火の会に来てくれたAさんの紹介で12月頃に知り合って以来、
ここまでおそとぽんに一番たくさん出席してくれた親子。

すっかりお姉ちゃんになった、おませでかわいいKちゃん。
かわいい絵本の読み聞かせを披露してくれたり、
大きな子たちにもしっかり意思表示が出来て、かっこよかったね。

CA3G0665-2.jpg


植物のことに詳しいお母さんのFちゃんには、
母達も色んなことを教えてもらいました。
ものづくりも上手で、素敵なものをいっぱい作って
おそとぽんに彩りをそえてくれました。

まだまだおそとぽんが動き始めたばかりの頃、
どうしていいか分からなくて立ち止まってしまいそうだった
私の背中を、何度も押してくれたのも、Fちゃん。
ここまでずっと、おそとぽんを盛り上げて、
みんなを引っ張ってきてくれて、ありがとう。

2008-0406 018-2



寒い日も、暑い日も!いっぱいあそんだねー!!!
たまには、おうちのこと、こどものこと、放射能のこと、、
いろいろ相談したり、愚痴を言ったり。。
「そう!そう!」とか「わかるわかる!」って一言だけで
もう、じゅうぶん、楽になれたよ。

こどもたちの、泣いた顔、笑った顔、
そしてそれを見守る、やさしいおかあさんの顔。
たくさんの、素敵な時間を、ありがとう。

4人のいないおそとぽんは、ちょっと寂しいけれど、
まだまだこれからも一緒に何かできたらいいな。
第3子を連れての、カムバックも待ってるよー♪

また、あそぼうね!

2008-0406 003

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。