11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

osotopon

Author:osotopon
東京都羽村市を拠点に活動している
自主保育型・森のようちえん「おそとぽん」です!

青空の下、みんなで子育てしませんか?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/24 福島のこども疎開保養プロジェクトin羽村動物園

2012.12.05 01:38|未分類
11/23~25の連休中、福島に住む5組20名の親子を招待した
福島のこども疎開保養プロジェクトが開催されました。

プロジェクトを主に運営されているのは、羽村市に住む普通のお母さん達!
今回、こうした活動をされている、同じ子育て中のお母さん達が羽村に
いること知り、本当に感動し、頭が下がる思いでした。
もともとおそとぽんメンバーともあちこちで繋がっていたり、
おそとぽんメンバーも原発に関心の深いメンバーが多いため、
今回の企画趣旨に賛同した有志にて、参加させて頂くことになりました。

11/24
ツアー2日目の羽村動物園は、
おそとぽんメンバー以外にも、羽村や羽村近郊に住むたくさんの
プロジェクトメンバー達の思いに共感した人たちが応援に駆けつけて、
大変な賑わいでした。

まずはハンズオンで動物達との触れあい~♪
その後は昼食まで自由行動。

CAQ3T96X.jpg


予想以上にたくさんの人だったため、
参加者のつけている名札を手がかりに声をかけるも地元の方だったり(笑)
おそとぽんとしてフォローに回ることも出来ず、
福島の方のあったかいお国言葉にむしろ私達が癒されてしまったぐらいで、
お役に立てず申し訳ない感もありましたが、

個人的には、こうして応援にかけつけた人達のひとりひとりが
みな同じ思いで今ここにいるのだと思うと、とても心強さを感じ、
この場所に来ることが出来てよかった、そう心から思いました。

福島の方々の胸にも、みんなのエールがきっと届いたと思っています。

昼食の後、おそとぽんのこども達から、
福島のこども達へ、活動中みんなでたまねぎ染めした布で作った
”旗”を贈りました。

CATFQVCM.jpg

この旗が、羽村で過ごした優しい時間を思い出すきっかけに
なってくれたら幸いです。

午後には、ころりん幼児園のカッパ園長先生の
ベーゴマ教室も開催!
大人同士の本気勝負!いいですね。
子供同士の勝負はもちろんだけど、
おそとぽんは小さな子が多い分、たまには大人同士で
真剣勝負をするのもいいかもしれないです!

周りにいたお父さんお母さん達は、世代的に
みんなベーゴマはしたことがないと言っていましたが、
実は私、小学校時代にベーゴマ回してたんです^^
が、久しぶりに回したら全然回らなくてショック・・・。
今度実家から持ってこよう。練習してやる!

うまく回せずに泣きながら何度も何度も挑戦していた男の子、
すごくかっこよかった。傍で見ていて胸がキュンキュンしました!

3時頃、動物公園から近くのフレッシュランドに移動することになり、
背中に負ぶいっぱなしだった息子の限界もみえたので
我が家はそこでお別れとなりましたが、
その後も参加していたメンバーまめちゃんは、
フレッシュランドの体育館でこどもたちと延々鬼ごっこ!をしてたそう。
お疲れ様~!!!

翌日はお餅つきや川原遊びなどした後、
みなさん福島へお帰りになったそうです。

どうぞまたあそびに来て下さいね!!!


今回のツアーにわずかですが関わらせてもらい、
たくさんのことを思い出し、そして学びました。

震災以降ずっと抱えてきた色々な思い。
何か出来ることはないかって思いながら、
結局何も具体的なことは出来ないままここまで来ました。

でも、大切なのは、思いをカタチにすること。
思いをつなげていくこと。

どんなに小さくてもいい。
かっこいいことなんて、おおきいことなんて、
やらなくていいんだ。

いつか、じゃなくて、今、やらなくちゃ。


保養プロジェクト運営の方々、
そして関わった全てのみなさま、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!!!


スポンサーサイト

11/27報告メールより

2012.12.04 23:35|未分類
報告メール当番はたかちゃんです
********

きのうの雨から一夜明けて快晴となりましたが、さすがに風は冷たく、冬のおとずれを感じる一日でした。
でも、おそとぽんに流れる空気はいつになく穏やかでゆったりとした時間を過ごせたように思います(*^^*)

見学に、
Yくん(2歳2ヶ月)とそのお母さんが来てくださいました。

今日は、朝一でOBのFちゃんが立ち寄ってくれ、素敵なプレゼントを用意しておいてくれたと聞いたので、
まずは、お砂場で集まっていたみんなで探しに行くことに。
遊具の上に飾り付けられたヘクソカズラ(だよね・笑)のリースや数珠玉の入った蔓籠がとっても可愛らしく私たちを迎えてくれました!感激☆

そうこうしている間にメンバーが揃ったので、みんなで“こんこんちきちき”をしようと輪になり始めたところ、Cくんが「いやだー」と泣き出し一時中断に。
どうしたいのか聞いても本人にもよくわからないのか、伝えられないだけなのか…
待ちきれない年長組は輪を抜け遊びに行きましたが、Cくんのご機嫌もなおり、無事に続きをすることができました。
Cくんもおそとぽんに慣れて来てくれたのかな?という微笑ましい一場面でした(^ ^)

その後は、遊具で遊んだり、公園の奥まで探険に行ったりとそれぞれ自由に遊びました。

そしてお昼ご飯間近になって、ザクロの実を取りに行くことになり、
SちゃんとNちゃんが見つけたザクロの木を隣の羽加美公園までみんなで探しに行きました。
小さいけれど美味しさがギュッと詰まったザクロの実が5つ取れたので、みんなで食べながらグリーントリム公園へ戻り、そのままお昼ご飯となりました。

昼食後は、おそとぽんメンバー用に染めた布をみんなに配り、そこにUちゃんが作ってくれた“おそとぽんハンコ”を一人ずつ好きな色を選んで押しました。
この間に、見学に来てくれたYくんやCくんは帰宅。

子どもたちが少しずつお砂場に移動し遊んでいたので、全員がハンコを押し終わった後、みんなもお砂場に移動しました。

しばらく遊んだ後、トロフィーさんにチラシをおいてもらおうと残っていたみんなでまとまって帰りました。
(トロフィーさんはお休みだったので、またの機会にいける人で行きましょう(^ ^))

11/30報告メールより

2012.12.04 23:31|未分類

11/30(金)報告メール当番はひろみちゃんです。

**********

笑いヨガを水車小屋で行いました♪

先生のにこわこさんとKCさん!とても笑顔が素敵で、
元気で明るくて!パワーがみなぎっていました(*^o^*)


初めに子供達、そしてママのここだけの呼び名をつけることになりました!
「ウィザード」「まるこちゃん」「くんくん」などなど!

そしてなんと大人もここでは子供になるということで、
何歳かと、みんなの前で発表~♪2歳や3歳やら5歳やら…
一気に若返ってしまいました~f^_^;


手拍子で、ぱんぱん・ぱぱぱん!イェ~イ・ヤッター・ヤッター・大笑い(こんなんだっけ?)


隣同士でぱぴぷぺぽの言葉だけで、お話ししたり、ライオンやぞうさん笑い!


とりあえずなんでもかんでも大笑いでした~。


笑いヨガをやってると、涙やあくびが出てくる!これはとてもよいことだそうです。


笑う事は、最高の薬、笑えばクヨクヨ悩むこともなくなる、
怒らなくなる、そして笑う事で世界が平和になるそうです!
笑いヨガがこれからどんどん世の中に広がるといいな~と思いました♪


お昼からは、西児童館に移動~みんなでお昼ご飯を食べて、遊びました♪


大人達は、お泊まり会の食事の相談会! まとまったかな?(ごめんなさい、先に帰ったので)


★『笑いヨガ』、子供達はいつもと違うので少し抵抗があったかな。先生いわく、子供達も回を重ねていくとだんだん場に馴染んでいくそうです。
一緒に大笑い出来たらいいね(o^∀^o)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。